ホーム > つや姫の特徴:品種特性コシヒカリとの比較栽培特性品質特性食味特性炊飯試験と検査結果寿司適性調査結果

つや姫の特徴

交配から10年の歳月をかけて、ようやく、その美味しさにより“コシ(ヒカリ)を抜かす”米、「つや姫」を育成しました。その特徴は次のとおりです。

【水田農業試験場 H14〜H18】

品 種 収穫時期 収 量
(kg/10a)
(比率)
栽培しやすさ
(倒伏程度)1)
玄米の光沢
(白度)2)
粒ぞろい
(粒厚2.0mm
以上の割合)3)
食味
(総合評価)4)
つ や 姫 10月上旬 541 (110) 0.4 17.5〜19.5 53.4% 0.35
コシヒカリ 10月上旬 492 (100) 2.4 16.6〜19.7 48.2% -0.08
  1. 倒伏程度:0〜5(数字が大きいほど倒れている)
  2. 白度:最適値は20、白粒が混入するほど数字が大きくなり、着色粒が多いほど数字が小さくなる。
  3. 粒厚:玄米の大きさが2.0mm以上の粒の割合が多いことを示し、粒の大きさが揃っている。
  4. 食味官能試験で炊飯米の外観、香り、味、粘り、硬さの各評価項目を総合して点数をつけたもの(数字が大きい程良い) 基準米:水田農業試験場産はえぬき

つや姫の特徴イメージ

ページトップへ▲