ホーム > つや姫倶楽部:山形県内在住の「食の専門家」からの応援メッセージ> Vol.3 野々村 政昭

つや姫倶楽部:応援メッセージ Vol.3 野々村 政昭

全国の料理業の仲間からも絶賛の声

 いよいよ、今秋、待ちに待った山形の新しいお米「つや姫」が本格デビューします。昨年、私ども全国料理業の各都道府県の理事長宛に、新品種「つや姫」を提供していただき、試食させていただきました。

 その後、各県の皆様よりの反響はすばらしいものがありました。冷めてもおいしく、業務用または自家用に、ぴったりのおいしいお米だと絶賛をいただき、私たち一県民としても、誇らしく大変うれしく思ったしだいでした。

 私どもの組合に、「山形のおいしい食と文化を考える会」がございますが、そこでは、山形の伝統野菜・食材・地域料理の発掘や再発見をすべく勉強を重ねております。この中で、地元高校生を対象にし、地元の食材を使っての献立で料理のコンテストを行う「食の甲子園」を平成18 年より開催し、平成20 年の第3回は南東北3 県の高校が参加し、第5回大会は全国から参加する「食の甲子園全国大会」として、平成22 年10 月、本県において開催の予定です。この「つや姫」が「食の甲子園全国大会」と同時期にデビューすることは、これからの認知度向上や販売の拡大を図る上で絶好の機会ではないかと思います。

 私たちも、あらゆる機会を通じて、“お米はここまで美味しくなれる”「つや姫」を県内外のお客様に提供し、日本一のブランド米となるよう県民挙げての応援団になりたいものです。

野々村 政昭

野々村 政昭(ののむら まさあき)

山形県料理飲食業生活衛生同業組合 理事長
料亭 のゝ村 代表

昭和17年10月2日生(67歳)、株式会社のゝ村代表取締役。料亭のゝ村は、創業明治6年以来137年を数える老舗。
現在、全国料理業生活衛生同業組合連合会副会長、(財)山形県生活衛生営業指導センター理事長、(社)山形県食品衛生協会会長。

ページトップへ▲